顧問契約

こんなお悩みありませんか?

  • ネットのこの情報は正しいのかな?この会社と取引して大丈夫なのかな?
  • 気軽に法律相談に乗ってくれる弁護士がいない。常に頼める専門家がほしい
  • 弁護士に相談するまでではないが、専門家に聞かないとわからない…
  • 少額の売掛金債権の回収を継続的にお願いしたい
  • 契約書などの法律文書の作成・リーガルチェックを継続的にお願いしたい
  • 業務に関する最新法令や補助金の最新情報を教えてほしい

当事務所が気軽に相談できる
パートナーとなります!

法務担当者を採用するより断然にお安く法的助言・立案・相談等の法務サービスをご提供いたします。近年、社会構造の変化と複雑化に伴い、日常的に企業は法的問題に直面する上に企業のコンプライアンス(法令遵守)は一層強く求められる時代となりました。クレーム処理1つ取っても訴訟にまで発展するケースは珍しくありません。

「弁護士に依頼するほどではないけど、専門家に聞かなければ分からない…」「日常の小さな法律問題を気軽に相談・質問できる専門家がほしい…」
私たちは、少額の売掛金回収や、簡易な法律文書の作成など、企業の“現実的“需要に沿った法務サービスを提供しています。

当事務所をご利用いただくメリット

1. 顧問司法書士としてホームページやパンフレットに掲載可能(社会的信頼度アップ)

法律顧問がいる会社は「コンプライアンス意識が高い」という印象を外部に与えます。取引先には、法律顧問がいるきちんとした会社だと印象づけることができ、信用度のアップにつながります。また、取引先をある意味”牽制”して、トラブルを未然に防ぐことも期待することが出来ます。具体的には「取引先に無理難題をいわれたくない」「この会社への対応は気を付けようと意識させたい」など大きな効果を期待することが出来ます。

2. 弁護士に依頼するほどではない法律問題の解決に最適

「簡易な法律文書を作成したい」「少額の売掛金回収をしたい」その都度、弁護士に依頼するのは時間と費用がかかります。また「弁護士に依頼するほどではない」そんな問題解決に、司法書士の法律顧問は、利用しやすく非常に便利です。会社は常に様々な法律問題に直面します。日常の小さな法律問題を解決してくれるパートナーをもっておくことは、安心と無駄な業務の軽減・リスクの回避にも繋がります。司法書士による法律顧問の存在意味については、こちらもご覧ください。

3. 法務担当者を採用するより断然安い!福利厚生としてご利用可

法務部門のアウトソーシングにより、余分な業務と人件費をカットすることを可能とします。企業の法律顧問として気軽に質問・相談できるパートナーとして、従業員の私的なお悩みごともご相談いただけますので、従業員の福利厚生としてもご利用いただけます。その他、相談内容に応じて弁護士や税理士などの他の専門家を無料でご紹介いたします。

顧問契約の業務内容

  • 契約書作成・レビュー
    リーガルチェック
  • 少額の売掛金債権回収業務
    (1件につき140万円以下)
  • 簡易な法律文書の作成
    雛形の提示
  • 法律相談無制限
    (140万円以下)
  • お客様の業務に関連する
    最新法令や補助金等の情報配信
  • 従業員の私的なお困りごと解決
    その他、専門家のご紹介等

コラム

秘密保持契約書を徹底解説!注意点や確認す...

株主総会招集通知作成のポイントと株主総会...

株主総会継続会って何。役員重任(就任)手...

暴力団排除条項と契約書「ビジネスと反社リ...

よくあるご質問

顧問料はいくらになりますか

月額5万5千円(税込)になります。

顧問契約締結にあたり契約期間の縛りはありますか

契約期間の縛りはありません。
顧問契約を締結する際は、契約書を交わします。解約をご希望の場合、3カ月前に解約の申し入れをお願いしております。

顧問料はいつ支払えばいいのですか

前月末日までに翌月分のお支払いをお願いしております。
(ただし当月スタートの初月分は、契約締結後7日以内でのお支払いをお願いしております)

CONTACT PAGE TOP
Chatworkお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください!