契約書等作成、チェック

契約書の作成・リーガルチェックをご検討の方へ

  • 契約書を作成したいが何をどうすればいいのか分からない
  • 紛争防止の為、専門家に抜け目ない契約書を作ってもらいたい
  • 今の契約書が有効なものか、こちら側に不利な条項がないか見てほしい
  • 今持ってる契約書をアップデートしてほしい、最新法令に適用してほしい
  • 登場人物が多く複雑な契約書、権利関係が複雑な契約書をつくってほしい

契約書作成・リーガルチェックおまかせください

依頼者の利益を最大化することを第一に考えて、取引の実情を踏まえた完全オーダーメイドの契約書を作成いたします。またお客様が既にお持ちの契約書や先方から提示された契約書に著しく不利な条項が含まれていないか等、診断・チェックも行っています。

訴訟法を考慮した契約書の作成をすることにより、いざ紛争性が顕在化した場合においてもその契約書が証拠となりスムーズに紛争の解決を図ることが期待できます。
また、契約書の作成過程において問題点(利息制限法違反などの法律違反)が見つかるような場合もあります。専門家を通すことで、契約上のリスクを把握することが出来ますので契約書の作成・リーガルチェックは訴訟法に精通した専門家にご相談下さい。

ネットで拾ったひな形や過去の契約書を使うのは危険です!

契約書は作成することが重要なのではなく、その内容・中身が1番重要です。インターネットに落ちているひな型は、一般的な事例を記載したにすぎず、多様な取引に対応できない場合がほとんどです。またウェブ上に公開されているひな型の多くは、当事者のいずれか一方に有利に作成されている場合が多くその選択を誤ると自社に不利益な契約書を知らぬ間に交わしてしまうリスクがございます。

さらに、ネットに公開されているひな型は、最新の法律に適していない場合も多く、契約条項が現在の取引形態に適合しなくなっている場合がございます。また、法定事項を定めずに無効となっているものもありますので、このような契約書は早急に見直しが必要です。

当事務所のサービスの特徴

1. 契約書の作成

お客様の実情にあわせた契約書の作成おこないます。先方との関係性も重要視した上で、どの程度のバランスで作成するかなど、話し合いながら調整し作成することが出来ます。当然こちらが100%有利とした契約書のご提案も出来ますし、60対40くらいで作成することも可能です。

2. 契約書レビュー・リーガルチェック

お客様が既にお持ちの契約書や先方から提示された契約書に問題がないか、こちらに著しく不利な条項が含まれていないか、追加すべき文言はないか等のレビュー・チェックをいたします。全体を通してどのようなリスクがあるのかなどアドバイスすることが可能です。

3. 作成可能な契約書種類数は300種類以上

作成可能な契約書は300種類以上!
これらを組み合わせたオリジナルの契約書を司法書士が作成いたします。

料金表

契約書リーガルチェック 50,000円(税抜)~
契約書作成 100,000円(税抜)~

※ページ数、事案の複雑さに応じて異なりますので、要見積り

コラム

死因贈与契約と死期付所有権移転仮登記、仮...

「契約書」「覚書」「念書」の違いを解説

強制執行認諾文言(約款)付公正証書の活用...

債務承認弁済契約とは【公正証書作成など】

相談事例

現在、該当の事例はございません。

ご依頼から
手続完了までの流れ

  1. Step01-お客様メール・LINEにてお問い合わせ

    内容ヒアリングさせていただきお見積書を送付いたします。

  2. Step02-当事務所契約書作成・修正案等送付

    受任後、契約書の起案をいたします。

  3. Step03-当事務所納品・修正

    内容を確認いただき細かな修正をかけながら問題がなければ納品させていただきます。

よくあるご質問

契約書の修正・再修正の対応はしていただけますか

はい。可能でございます。納品までの間、何度でも対応可能です。
また、納品後であっても、当初のご依頼から1か月以内であれば、再度の修正を無料で対応いたします。

契約相手からの再提案があった場合も対応が可能ではございますが、その裁定案内容が大幅な改変を伴う場合は、別途費用が発生する場合もございますので、ご了承ください。

英文契約書のリーガルチェックは可能ですか

可能でございます。お問い合わせください。

リーガルチェック依頼から納品まで何日くらいかかりますか

ご依頼いただいてから5日~7日で納品可能です。
お急ぎの場合は、別途対応させていただきますのでご相談ください。

CONTACT PAGE TOP
お問い合わせ LINE

お気軽にお問い合わせください!