新株予約権(SO)

新株予約権付社債とは?特徴やメリットについて解説



新株予約権付社債とは?特徴やメリットについて解説


資金調達の手段

外部から資金調達する方法として、利用されることが多い社債ですが、新株予約権付社債を発行することで、より効果的に資金調達をおこなうことができます。
社債と新株発行双方の利点を兼ね備えた新株予約権付社債を発行することは、投資家にとって非常にメリットが大きいものとなるでしょう。
このコラムでは、新株予約権付社債におけるメリットを、会社視点および投資家視点でそれぞれ解説していきます。

新株予約権付社債とは

新株予約権付社債とは、一定の条件を満たすことで、発行した会社の株式を取得できる権利がついた社債のことで、大きな特徴として次の3つが挙げられます。
新株予約権付社債の3つの特徴

社債の払い込みを新株の発行でおこなうことができる
クーポン(利息)や転換価格があらかじめ決められている
債券としてのメリットと株式としてのメリットを兼ね備えている

それぞれの具体的な内容については、会社側および投資家側からみるメリットでそれぞれ確認してみましょう。

新株予約権付社債における会社側のメリット

新株予約権付社債における会社側のメリットは、次の3つです。
新株予約権付社債における会社側の3つのメリット

投資家にとってもメリットが大きいため、資金調達が容易にできる
株式を発行するよりも簡単に手続きできる
社債の払い込みを新株の発行でおこなうことができるため、資金の流出が抑えることができる

将来的に株価の上昇が見込まれるのであれば、その期待から新株予約権付社債への投資で資金が集まりやすくなるといえます。

新株予約権付社債における投資家側のメリット

新株予約権付社債における投資家側のメリットは、次の2つです。
新株予約権付社債における投資家側の2つのメリット

株価が上昇したら株式へと転換できる
株価が下落しても債券として安定運用できるため、投資家にとってリスクが小さい

株価が変動にかかわらず利益を追えることから、投資家にとってはリスクの少ない投資であるといえるでしょう。

新株予約権付社債の注意点

新株予約権付社債は社債であることに変わりはないので、満期までに新株予約権の行使がなければ、投資家に返済をする必要があります。
新株予約権の行使価格を市場株価が上回らなければ、資金繰りが困難になってしまうというデメリットがあります。
また、 新株予約権付社債自体の専門性が高いため、会社が単独で発行するのは難しい点も、大きなデメリットの一つであるといえるでしょう。

手続きのご依頼・ご相談

新株予約権付社債に関するご依頼・ご相談は司法書士法人永田町事務所までお問い合わせください。



CONTACT PAGE TOP
お問い合わせ LINE

お気軽にお問い合わせください!