債務整理 債務整理サービス

任意整理をしない方がいい状況は?任意整理しなければよかったと思う人の声や注意点を紹介

任意整理しない方がいい

任意整理はしない方が良いの?」

「毎月の返済額が減らせるって本当?」

この記事では、「任意整理や債務整理はしない方が良いか」「任意整理をしない方がいい人」といった疑問に答えていきます。

この記事のまとめ

  • 任意整理をしない方が良いかは状況によって変化する
  • 任意整理はしない方が良い人は「自力で借金を返済できる人」や「毎月安定した収入がない人」である
  • 一方、「元金の返済ができなくなった人」や「差し押さえになることを避けたい人」は任意整理がおすすめと言える
  • 任意整理を行う際は司法書士・弁護士に相談し、できるだけリスクを抑える必要がある
  • 上記の点から、債務整理を依頼できるおすすめの司法書士・弁護士渋谷法務総合事務所
  • 渋谷法務総合事務所ではWeb上で減額診断ができるため、自身の借金状況を知ってから相談できる
  • また、何度でも無料で相談でき、リスクに関しても納得いくまで相談してから依頼が可能

匿名OK!1分で減らせる借金がわかる!(※)

※公式サイトに記載
※申し込み後、渋谷法務総合事務所から電話・メールが届きます。電話での回答後、相談に進みましょう◎

 
当コンテンツの運営、執筆は司法書士法人永田町事務所が行っています。 詳細は、コンテンツ制作ポリシープライバシポリシーを参照ください。

【結論】任意整理や債務整理はしない方が良い?

任意整理や債務整理をしない方が良いかは、借金などの状況によって異なるでしょう。

任意整理にもメリットやデメリットが存在します。

そのため、「任意整理した方が良い」「任意整理しない方が良い」などと最初から決めつけて行動すると、不都合が生じたり後悔したりする場合があります。

例えば、「任意整理はしない方が良い」と考え、借金の返済が滞っている状態を継続した場合、報酬の差し押さえなどをされる可能性が高いです。

自己破産や個人再生など他の債務整理にもメリット・デメリットはあります。

したがって、借金で困っている時は弁護士をはじめとした専門家に相談し、自分に合った解決策を提示してもらうことが大切です。

下記では、任意整理のメリット・デメリットを紹介していきます。

任意整理が依頼できるおすすめの弁護士・司法書士事務所を見る

任意整理のメリット・デメリットは?

以下の画像は任意整理のメリットとデメリットをまとめたものです。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理とは、債権者(金銭を貸し付けている業者)と交渉を行い、利息のカットなどによって借金を減額してもらうことです。

基本的には3年~5年での分割返済も交渉する場合が多いでしょう。

借金の解決に乗り出す前に、上記のようなメリット・デメリットを吟味することが重要だと言えます。

任意整理をしない方が良い人

任意整理をしない方が良い人は、以下の通りです。

安定した収入がない人

安定した収入がある職業とない職業

任意整理をしない方が良い人として、まず「安定した収入がない人」が挙げられます。

任意整理をした後も、毎月一定の金額で借金を返済する必要があります。

安定した収入がない場合、月によっては収入よりも任意整理後の返済額の方が多くなる可能性があり、結果的に返済が滞ることに繋がるでしょう。

例えば、日雇いのアルバイトやフリーランス、定年退職が近い方など、毎月決まった金額の報酬が保証されていない場合は、任意整理をしない方が良いと言えます。

正社員の方で、「月収250,000円(税込)に対し任意整理後の返済額が毎月20,000円(税込)」というような形であれば、返済が滞る心配は少ないです。

任意整理後の返済が滞った場合、借金の残債務を一括で請求されてしまう可能性もあるため、安定した収入があることは重要な点です。

ただし、正社員以外の方や無職の方でも、諦める前に一度弁護士・司法書士へ相談してみることをおすすめします。

返済が滞り自己破産に移行した場合、二度手間となるため、収入の状況に応じて自己破産なども検討してみると良いでしょう。

任意整理が依頼できるおすすめの弁護士・司法書士事務所を見る

借り入れをした後に返済したことがない人

また、「借り入れをした後に返済したことがない人」も任意整理をしない方が良い人です。

1度も返済せずに任意整理を交渉しても、債権者は納得しづらいでしょう。

任意整理は基本的に裁判所を通さず、債権者との交渉が軸となって進みます。

したがって、債権者が納得しづらい場合は任意整理ができなかったり条件が厳しくなったりする可能性が高いです。

さらに、借金がほとんど返済されていないにも拘わらず任意整理に応じることは、債権者にとって損害となる可能性が高く、交渉を渋られる場合が多いです。

例えば、債権者にとっては、貸したお金に利息をつけ計画通りに返済してもらった方が利益になります。

任意整理では「利息のカット」を提案する場合が多いため、貸したお金まるまる利息が取れない場合は損害となってしまいます。

また、借り入れした後すぐに任意整理をすると、「任意整理をするために金銭を借りた」「返すことができないのにお金を借りた」など債権者から不信感を持たれる可能性があるでしょう。

ただし、債権者や借金の状況によっては、返済の実績がなくても任意整理できる場合があるため、まずは相談してみることが大切です。

過去に1度任意整理を行っている人

そして、任意整理をしない方が良い人として「過去に1度任意整理を行っている人」も挙げられます。

同じ債権者に対して2度目の任意整理を行う場合、交渉が滞ってしまう可能性が高いと言えます。

また、2度目以降の任意整理では、「契約通り返済してもらえる」といった債権者からの信頼感が低くなっている場合があり、交渉が決裂しやすいです。

例えば、同じ債権者に複数回任意整理の交渉を行った場合、訴訟を起こされたり一括での請求をされたりするケースがあります。

さらに、再度任意整理をしたいと考えている場合、「1度目の任意整理後の返済が滞っている」ケースが多いため、債権者からの信頼感が低くなりやすいです。

1度任意整理をしたら、完済するまで返済を滞らせないことが重要と言えるでしょう。

ただし、過去に1度任意整理を行っていても、完済していたり「異なる債権者」に対する任意整理であったりすると手続きできる可能性があります。

任意整理が依頼できるおすすめの弁護士・司法書士事務所を見る

自力での返済が可能な人

また、「自力での返済が可能な人」も任意整理をしない方が良い人です。

任意整理を行うことで、デメリットが生じる場合もあります。

家計を見直し自力で返済をすることで、任意整理を行った時のデメリットを避けられるケースがあるでしょう。

例えば、任意整理によって借金が減額されても、弁護士・司法書士費用が別途かかってしまう場合が多いです。

結果として、かかる費用が高くなってしまう可能性があります。

任意整理を検討する前に自分の出費などを見直し、その支出が「本当に必要か」を吟味することで返済額を用意できる場合もあります。

入院している時などでも、退院が近く返済が可能な場合は任意整理を行わない方が良い可能性が高いです。

数年以内に出費の予定がある人

任意整理しない方が良い人として、「数年以内に出費の予定がある人」も挙げられます。

ほとんどの場合、任意整理を行うと信用情報の関係で新規の借り入れができなくなります。

そのため、数年以内に出費の予定があっても、自分の収入を超える支払いはできない可能性が高いです。

例えば、任意整理から2年以内に住宅を購入する場合を考えてみましょう。

住宅を購入する際に金額が足りなくても、消費者金融や銀行からの融資・住宅ローンを組むことなどは期待できないと言えます。

したがって、数年以内に出費の予定がある場合は、家計を見直し自分で返済を続ける方が良いです。

家族などに頼れる場合は援助を頼みつつ返済したり、自分の収入を増やしたりする努力も大切です。

どうしても返済が厳しく任意整理をしたい場合は、出費の予定をずらすことをおすすめします。

任意整理が依頼できるおすすめの弁護士・司法書士事務所を見る

ブラックリストに掲載されることを避けたい人

ブラックリストとは

「ブラックリストに掲載されることを避けたい人」も任意整理をしない方が良い人です。

「ブラックリストに掲載されている」とは、自分の信用情報に金融事故情報(返済の延滞情報など)が掲載されることを言います。

信用情報はローンの返済履歴などのことで、基本的に「株式会社日本信用情報機構(JICC)」、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」などの信用情報機関で管理されています。

任意整理を行うと、ブラックリストに掲載される可能性が高いです。

ブラックリストに掲載されると、様々な不都合が生じる場合があります。

例えば、ブラックリストに掲載されると「スマートフォンの分割払い」や「クレジットカードの更新・新規契約」が難しくなるでしょう。

分割払いやクレジットカードの審査の際に、過去の返済履歴などを調べる目的で信用情報を閲覧する場合が多いです。

したがって、延滞の情報があると返済への信頼感が低くなりやすいです。

ただし、返済が滞っていて、任意整理をしなくても結果的にブラックリストへ掲載される恐れがある方は、早めに任意整理をする方が良い場合もあります。

金融業者から訴訟を起こされている人

任意整理をしない方が良い人として、「金融業者から訴訟を起こされている人」も挙げられます。

金融業者から訴訟を起こされている場合、その金融業者は任意整理に応じない可能性が高いです。

金融業者が訴訟を起こすと、金融業者の提案通りに判決が出る場合が多いです。

したがって、任意整理に応じるよりも訴訟することを優先されやすいと言えます。

例えば、金融業者が訴訟を起こし判決が出ると、「口座の凍結」・「報酬の差し押さえ」などの強制執行をされるケースが多いです。

任意整理では強制執行を止めることが原則的にできないため、金融業者から訴訟を起こされている場合は「個人再生」や「自己破産」を検討すると良いでしょう。

任意整理が依頼できるおすすめの弁護士・司法書士事務所を見る

銀行カードローンで借金を作った人

また、「銀行カードローンで借金を作った人」も任意整理をしない方が良い人です。

銀行カードローンは消費者金融などよりも金利が低い場合が多いと言えます。

そのため、カットできる利息が少なく、任意整理をしても借金があまり減額されないこともしばしばあります。

さらに、銀行カードローンに対し任意整理を行う場合、生じるデメリットが多くなりやすいです。

例えば、銀行カードローンで借金を作り任意整理を行う場合、以下のようなリスクがあります。

  • 一時的に口座が凍結される
  • 過払い金が生じない
  • 以降、その銀行のローンが利用できなくなる
  • 保証会社とのやりとりが必要な場合がある など

ただし、銀行カードローンで借金を作った場合でも、困っているなら法律事務所を探して相談してみることが大切です。

任意整理がおすすめできる人

任意整理がおすすめできる人の内容として以下を紹介していきます。

元金の返済が困難になっている人

任意整理がおすすめできる人としてまず挙げられるのは、「元金の返済が困難になっている人」です。

返済が困難で延滞が長く続くと、訴訟などに発展してしまう恐れもあります。

早めに任意整理を行うことで、訴訟を起こされるリスクを減らしやすいです。

また、「元金の返済が困難」・「元金が減らない」という場合、元金に占める利息の割合が高いケースが考えられます。

任意整理を行うと、利息をカットしてもらえる可能性が高いです。

例えば、元金300,000円(税込)の借金で、毎月12,000円(税込)ずつ返済してもなかなか元金が減らず返済が困難になっている場合を考えてみます。

任意整理によって利息などがカットされることで、毎月の返済額が10,000円(税込)まで減ったり、返済期間が短くなったりする可能性があるでしょう。

任意整理が依頼できるおすすめの弁護士・司法書士事務所を見る

取立によるストレスを抱えている人

「取立によるストレスを抱えている人」も任意整理がおすすめできる人です。

基本的に、任意整理を行うと金融機関などの債権者からの督促・取立を止めることができます。

また、任意整理中は弁護士または司法書士が債権者との連絡を行うため、自分に債権者からの連絡が来る心配は少なくなります。

したがって、債権者からの取立をストレスに感じている場合、任意整理をすることで解決できる可能性が高いです。

例えば、毎日のように債権者から電話がかかってくることで、「返済の目処を伝えないといけない」「返済が難しいため謝らないといけない」といったストレスが大きくなっている場合を考えます。

任意整理を行うと電話がストップする可能性が高く、自分の精神状態を健康に保ちやすくなるでしょう。

取立がストレスでも、無視を続けていると訴えられる場合があるため、無視をする前に任意整理を検討することが大切です。

差し押さえされることを避けたい人

「差し押さえされることを避けたい人」も任意整理がおすすめできる人として挙げられます。

借金返済が長期間滞ると債権者から訴訟を起こされ、結果的に「報酬の差し押さえ」などの強制執行をされる可能性が高いです。

したがって、延滞が長引く前に任意整理を行うことで訴訟を起こされる可能性が低くなり、差し押さえを避けやすくなるでしょう。

任意整理は債権者と交渉し、お互いの合意の元で毎月の返済額を決定するため、差し押さえなどの強制的な手段を取られる心配は少なくなります。

例えば、借金の返済が2カ月滞っても、任意整理を行い「毎月20,000円(税込)ずつの返済」で債権者と和解すると、報酬が差し押さえられることは原則的になくなります。

ただし、任意整理のタイミングが遅かったり、任意整理後の返済が滞ったりすると訴訟・差し押さえされる可能性が高くなるため、注意が必要です。

借金の返済が期日通りにできていない場合は、近くの法律事務所などへ相談してみると良いです。

任意整理が依頼できるおすすめの弁護士・司法書士事務所をもう一度見る

複数の金融業者から借金をしている人

また、任意整理がおすすめできる人として「複数の金融業者から借金をしている人」も挙げられます。

1社から借金をしている場合であれば、家計を見直し、自力で返済できる可能性もあるでしょう。

しかし、複数の金融業者から借金をしている場合、「返済のための借り入れ」をしているケースも考えられるため、自力で返済をすることは厳しい状態であると言えます。

例えば、「A社から借金をしたが、返済が厳しいためさらにB社から借金をする」などを繰り返している場合、既に現在の収入では完済が難しい状態です。

したがって、任意整理をすることで、借金を減額したり整理したりできる可能性があります。

ただし、任意整理をしても、借り入れしている金融業者の数や返済の義務はなくならないないため、注意が必要です。

借金の総額が大きい場合は自己破産や個人再生も検討してみることが大切です。

任意整理は失敗することがある?失敗した場合に起こること

任意整理は、債権者との交渉がうまくいかなかった場合や、任務整理後の返済が遅延した場合などに失敗することがあります。

任意整理に失敗すると、以下のようなことが起きます。

  • 弁護士や司法書士が辞任する可能性がある
  • 借金の残債務を一括で請求される場合がある
  • 場合によっては債権者から裁判を起こされる
  • 任意整理以外の方法を一から考え直す必要がある

任意整理の失敗を避けるため、事前に専門家と相談したり、任意整理に強い弁護士・司法書士を選んだりすることが大切です。

任意整理は債権者との「交渉」が軸であるため、弁護士の裁量や司法書士の知識量・経験などによって結果が変わってしまう場合もあるでしょう。

例えば、公式サイトで「債務整理に強い」と謳っていたり、借金の減額診断を行っていたりする法律事務所を選ぶと、任意整理に詳しい弁護士に出会える可能性があります。

任意整理を依頼するのにおすすめの司法書士・弁護士事務所

渋谷法務総合事務所

渋谷法務総合事務所出典:https://www.shibuya-houmu.com/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 20,000円(税不明)~
※内容によって金額が変わる場合あり
成功報酬(任意整理の場合) 公式サイトに記載なし
※減額報酬として、減額された金額の10%(税不明)
所在地 〒150-0011 東京都渋谷区東2丁目22-14 ロゼ氷川ビル6階
対応エリア 全国
受付時間 電話:10:00~18:00(平日)
メール:24時間・365日

渋谷法務総合事務所のメリット

  • 借金に関する相談に特化した窓口が設置されている
  • 借金の相談料が基本的に無料である
  • 利用者の秘密を守りつつ債務整理を進めてもらえる場合が多い

匿名OK!1分で減らせる借金がわかる!(※)

※公式サイトに記載
※申し込み後、渋谷法務総合事務所から電話・メールが届きます。電話での回答後、相談に進みましょう◎

渋谷法務総合事務所は、任意整理をはじめとする債務整理に強く、Web上で借金の減額診断もできる司法書士事務所です。

業界でも珍しい「借金問題に特化した相談窓口」が設置されていることから、渋谷法務総合事務所が債務整理に対して積極的かつ得意としていると考えられます。

そのため、信頼感を持って利用できる可能性があるでしょう。

また、債務整理における相談料が基本的に無料であるため、手元に支払えるお金がない場合でも気軽に相談へ行きやすいです。

さらに、渋谷法務総合事務所では「匿名での減額診断」や「連絡先の指定」が可能な場合が多いです。

したがって、周りの人に借金を知られたくない時でも安心感を持って利用しやすいと言えます。

匿名OK!1分で減らせる借金がわかる!(※)

※公式サイトに記載
※申し込み後、渋谷法務総合事務所から電話・メールが届きます。電話での回答後、相談に進みましょう◎

はたの法務事務所

はたの法務事務所 出典:https://hikari-hatano.com/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 無料
成功報酬(任意整理の場合) 22,000円(税込)/社~
※減額報酬として、減額された金額の11%(税込)
所在地 〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階(東京本店)
対応エリア 全国
受付時間 電話:8:30~21:30(平日)・8:30~21:00(土日祝日)
メール:24時間・365日

はたの法務事務所のメリット

  • 債務整理における着手金が基本的に無料である
  • 債務整理の相談実績が20万件(※)以上である
  • 司法書士費用の分割払いができる場合がある

(※2024年1月時点 公式サイト記載)

相談実績20万件以上・利用者満足度95.2%!(※)

※公式サイトに記載

はたの法務事務所は、任意整理などの債務整理に対応しており、全国への出張相談を行っている事務所です。

はたの法務事務所では、債務整理にあたって基本的に着手金が無料となっているため、費用を抑えて借金を解決できる場合があります。

また、着手金を支払える余裕がない時でも、素早く債務整理に取りかかってもらえる可能性が高いです。

さらに、債務整理の相談実績が20万件(※)以上であるため、比較的安心感を持って依頼できるでしょう。

(※2024年1月時点 公式サイト記載)

はたの法務事務所では、原則的に司法書士費用の分割払いが可能であるため、手持ちの費用が少ない時でも安心感を持って依頼しやすいです。

相談実績20万件以上・利用者満足度95.2%!(※)

※公式サイトに記載

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所 出典:https://vbest-shindan.com

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 公式サイトに記載なし
※ただし、事務手数料として44,000円(税込)/社~
成功報酬(任意整理の場合) 22,000円(税込)/社~
※減額報酬として、減額された金額の11%(税込)
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木一丁目8番7号 MFPR六本木麻布台ビル11階(東京オフィス)
対応エリア 全国
受付時間 24時間・365日

べリーベスト法律事務所のメリット

  • 全国73拠点(※)に事務所を置いているため、来所して借金の相談をしやすいと言える
  • 弁護士費用の支払い方法が豊富である

(※2024年1月時点 公式サイト記載)

匿名OK!最短90秒で減らせる借金がわかる!(※)

※公式サイトに記載
※申し込み後、ベリーベスト法律事務所から電話・メールが届きます。電話での回答後、相談に進みましょう◎

べリーベスト法律事務所は、約370名(※1)の弁護士が在籍している債務整理に強い弁護士事務所です。

全国の73カ所(※2)に事務所があるため、対面で弁護士に借金相談をしたい場合でも、気軽に来所しやすいと言えます。

(※1、2 2024年1月時点 公式サイト記載)

また、クレジットカードやPayPayなど弁護士費用の支払い方法が豊富であるため、現金を持ち合わせていない時でも安心感を持って依頼できる可能性があります。

匿名OK!最短90秒で減らせる借金がわかる!(※)

※公式サイトに記載
※申し込み後、ベリーベスト法律事務所から電話・メールが届きます。電話での回答後、相談に進みましょう◎

任意整理をした人のネットユーザーの口コミ

任意整理の結果に満足する声

任意整理の結果に満足する声は以下の通りです。

実際に借金が減額されたことで、「無理なく返済できるようになった」「督促がなくなりストレスが減った」と感じている方が多い印象です。

任意整理を行うことによって、催促や返済のストレスから解放される可能性があります。

任意整理が依頼できるおすすめの弁護士・司法書士事務所をもう一度見る

任意整理をしなければよかったと後悔する声

「任意整理をしなければよかった」と後悔する声には以下のようなものがあります。

「任意整理によって新しく借り入れができなくなった」「任意整理をしても借金の総額があまり変わらなかった」などの声がありました。

任意整理をすると、新規の借金ができなくなる可能性は高いため、予め生じるデメリットを把握しておくことも重要です。

また、借金の総額があまり変わらなかったという場合、「借金に占める利息の割合が低かった」「弁護士と債権者の交渉がうまくいかなかった」といった可能性も考えられるでしょう。

自分の状況に適した返済額にしてもらったり、借金をある程度減らしてもらったりするために、任意整理に強い法律事務所を探すことも大切です。

任意整理に関するよくある質問

債務整理や任意整理をせずに借金を完済することはできる?

債務整理や任意整理をせずに借金を完済することは、状況によっては可能であると言えます。

借金の完済方法は多く存在するためです。

例えば、債務整理・任意整理をせずに借金を完済する方法として以下が挙げられます。

  • 前倒しで返済し利息を抑える
  • おまとめローンを利用し、借金を1つにまとめる
  • 金利の低いローンに借り換えをする
  • 家族や友人に援助してもらう
  • アルバイトなどで自身の収入を増やす
  • 公的な給付金を利用する
  • 無駄な支出を減らす

自分に合った返済方法を探したり、借金問題に詳しい人へ相談したりすることが大切です。

任意整理が依頼できるおすすめの弁護士・司法書士事務所をもう一度見る

この記事の監修者

加陽 麻里布

加陽 麻里布

司法書士

詳しく見る ▼

プロフィール

永田町司法書士事務所代表 / 東京司法書士会理事 会社法人登記業務を中心に、SO発行設計・不動産登記・相続手続・裁判事務・債務整理など幅広く専門的な法律手続を取り扱う司法書士事務所

保有資格

司法書士

監修者の身元

https://asanagi.co.jp/

専門ジャンル

債務整理,SO発行設計,不動産登記,相続手続,裁判事務

無料の借金減額診断スタート
お問い合わせ LINE

お気軽にお問い合わせください!