ブログ

ストックオプション(SO)ってなに。新株予約権を簡単解説!!利用目的、メリットデメリット、登記手続

新株予約権(SO) / 法人設立 / 登記申請手続(各種)

ストックオプション(SO)ってなに。新株予約権を簡単解説!

 メルカリは、全従業員にストックオプションを付与し、役員のみならず従業員の中からも多数の億万長者が誕生したことで話題となりました。まさにスタートアップドリームですね。最近では、ストックオプションで一山当てたいという理由でベンチャーへ転職を希望する者も増え始めました。

本日はストックオプションとは何か。メリット・デメリットをご紹介します。

ストックオプションとは

ひとことでいうと「株を安く買える権利」のことをいいます。

 例えば、上場前その会社の企業価値は1株1万円の評価であったとします。この時点でストックオプションを設定し、将来会社の業績があがり、企業価値が10倍となれば単純に1株あたりの価値は10万円となります。
その際10万円の株式をあらかじめ定めた価格である1万円で購入することができる権利。これがストックオプションといいます。1株10万円の株式を1万円で購入し売却すれば、単純に9万円の利益が出ます。

あらかじめ定められた価格で、将来株を購入できる権利をいいます。

・ストック(株)
・オプション(買ったり・売ったりできる権利)

人材採用にも活躍

 未上場企業が優秀な人材を採用するために用いたりする場合がございます。
 上場を目指すスタートアップ企業は、従業員に対して多くの給料や手厚い福利厚生をつけることは出来ません。そんな中で創業時から頑張ってくれた従業員の努力を報いるための制度でもあります。
 上場前の企業価値のストックオプションを設定して、将来会社が上場して10倍・100倍・1000倍となったときに、行使をすれば大金を手にすることが出来る夢を与えるものです。

 従業員に対して生株をあげるのではなく、事業への貢献度に応じたリターンが得られるように設計し、従業員の目の前にニンジンをぶら下げて、やる気を引き出させます。
 付与された方は自分が頑張って働けば働く程企業価値があがり自分のもつストックオプションの価値もあがっていくので、従業員の士気・モチベーションアップにもなります。

ストックオプション(SO)のデメリット

では、ストックオプションのデメリットはなんでしょうか。

・もらってすぐ行使できるわけではない

付与されて大金が手に入ったと勘違いする人もいるが、その時点で価値はありません、
 このストックオプションは多くの場合、「上場」を行使の条件としており、その会社が上場しなければ、ストックオプションを行使することは出来ないため、価値はほとんどなくなると言えるでしょう。つまりベンチャーに参画する人はその経営者が上場する覚悟があるのか、それともただ売却したいだけなのかしっかり見抜かなければなりません。
また、付与されてすぐ上場した場合は、一定期間の保有義務などもあり、いずれにしてもすぐに行使することは出来ません。

・幹部クラスの人間でも持分比率はわずか0.3%

 ストックオプションは、総発行数の10%程度とするのが慣習であります。そして付与については、役員・幹部・創業時にいた人間に付与していきます(それでも多くて1%程)。
また、高収入をすててきてくれた人やキープレイヤーには、多めに付与することもあります(それでも1パーセント・2パーセント程度)。ほんのわずかな枠内で付与していくためメンバーレベルの人間や後から参画してきた人間に与えられるストックオプションの比率は、すずめの涙程度になります。

以上ストックオプションをご紹介しました。

さまざまな目的と利用場面

スタートアップ企業やベンチャー企業は一部の優秀なキープレイヤーだけでまわっているところが多く、経営者としては、優秀なキープレイヤーには絶対に辞めてほしくないと思うのは当然です。しかし創業時は資金繰りが厳しく従業員に対して満足な待遇を与えることは出来ません。そんなとき利用されるのがストックオプションです。

投資家も、優秀なキープレイヤーには、ストックオプションをだすよう指示しますし、従業員はそのように評価されるような働きをすることが大事。
現実的に、上場はそうそうあるものではございません。夢や宝くじを与えられているようなものですから、もらえるならもらえるでラッキーくらいに思っておく程度が良いと思います。自らの手で企業を成長させると強く信念をもって参画しなければ、相当厳しいと思います。

大金を手にいれることを目的としていた場合は、待遇の交渉材料がストックオプションの場合は、その企業は微妙だな…と私はおもいます。何よりお金が1番の動機であれば、自分で起業して自分で成長をさせて大金を手にいれるほうが確率的には圧倒的に高いと考えます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。本日はストックオプション(SO)について解説させていただきました。永田町司法書士事務所は、千代田区に事務所を構え、多くの法人企業様にご依頼いただいております。IPOを目指す企業のストックオプション発行・行使・消滅等の登記手続を多数行った実績もございます。

特に上場企業の仕事経験は他の司法書士事務所より実績が豊富にございます。
ストックオプションの設計等のご相談も可能です。お気軽にお問い合わせください。

CONTACT PAGE TOP
Chatworkお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください!