コラム

すべてのコラム

明らかに不当な遺言書が見つかった場合の対処方法

相続、遺産承継業務
明らかに自分に不当な遺言の内容だった場合、何か言えないか不当な遺言だった場合どうすればいいのか亡くなられた人(被相続人)が遺言書を残している場合、その中身が、明らかに自分にとって不当であると判断できる遺言内容だった場合、どのような方法を取れ...

分割協議が終了したあと、別の内容が書かれた遺言が出てきた場合どうしたらいいのか

相続、遺産承継業務
分割協議が終了したあと、別の内容が書かれた遺言が出てきたケース遺産分割協議書・相続手続終了後に遺言書が発見された場合亡くなられた方(被相続人)に相続人が複数いる場合、その相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。相続は遺言書の内容が優先...

債権譲渡登記とは?利用場面や条件・注意点を解説

その他
債権譲渡登記はどのような時に利用するものか?債権譲渡について売掛債権や代金債権などの債権を保有している債権者が、その債権を期日前に換金したい場合など、他者に債権を譲渡したい場合があります。もっとも、民法では債権を譲渡した際、債権の譲受人が債...

動産譲渡登記とは、基本や制度の利用条件を解説

その他
動産譲渡登記と活用法動産譲渡登記とは企業が保有する在庫商品や機械設備、家畜といった動産を担保にして資金調達を行いたい場合、動産譲渡登記を行うことで、第三者対抗要件を備えることができます。近年、企業が保有する動産を担保として資金調達を行う、動...

支払督促とは?手続の概要や手順を解説、メリット・デメリット、利用条件など

裁判事務
支払督促の概要や効果と流れについて支払督促とは貸したお金の返済日が過ぎている、売った商品の代金を支払ってもらえない、家賃を滞納されて困っているなどお金の支払いを請求しても、なかなか支払いが受けられない時、支払督促をするとスムーズな支払いが期...
CONTACT PAGE TOP
Chatworkお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください!