コラム

民法基礎知識

共同相続人が行方不明!この場合はどうする? -法務担当者向け基礎知識-

基礎知識 / 民法基礎知識 / 相続、遺産承継業務
共同相続人が行方不明!この場合はどうする?亡くなられた方(被相続人)の死亡と同時に相続が開始し、相続人となる人が複数名いる(共同相続人といいます。)場合は、共同相続人全員で遺産分割協議を行うことになります。そもそも、相続人となる人は、民法に...

相続放棄ができるまでの期間は?期間の伸長とは -法務担当者向け基礎知識-

民法基礎知識 / 相続、遺産承継業務 / 相続放棄
相続の熟慮期間とは亡くなられた方(被相続人)の死亡によって相続が開始するのですが、自分が相続人となった場合は、被相続人の相続について、単純承認をするのか、限定承認をするのか、または相続放棄をするのか選択する必要があります。この期間は自己のた...

相続を放棄する事はできる?限定承認とは -法務担当者向け基礎知識-

民法基礎知識 / 相続、遺産承継業務 / 相続放棄
相続を放棄する事はできる?相続は、死亡と同時に開始します(民法882条)。「相続人は、自己のために相続の開始があった事を知った時から3か月以内に、単純承認・限定承認・または相続放棄をしなければならない(民法915条1項)」とされています。し...

相続の熟慮期間とは -法務担当者向け基礎知識-

基礎知識 / 民法基礎知識 / 相続、遺産承継業務
相続の熟慮期間とは相続は「相続人は、自己のために相続の開始があった事を知った時から3か月以内に、単純承認・限定承認・または相続放棄をしなければならない(民法915条1項)」とされています。つまり、相続における熟慮期間(じゅくりょきかん)は3...

相続を承認するにはどのような種類がある?単純承認とは -法務担当者向け基礎知識-

基礎知識 / 民法基礎知識 / 相続、遺産承継業務
相続の承認、放棄は3つの種類に分かれる相続の承認、放棄は3つの種類に分かれています。単純承認・限定承認・相続放棄です。ここでは、単純承認について簡単に解説したいと思います。相続の承認相続は、死亡と同時に開始します(民法882条)。相続人は、...
CONTACT PAGE TOP
お問い合わせ LINE

お気軽にお問い合わせください!