債務整理 債務整理サービス

0570005046の発信主はPayPayカード!返済催促の電話への対処法や放置して大丈夫か解説!

この記事のまとめ

  • 0570005046の発信元はPayPayカード株式会社である
  • 電話がかかってくる理由はカード代金の返済催促である場合が多い
  • 放置してしまうとカードの停止や、最悪の場合訴訟を起こされるケースも考えられる
  • 借金の減額やPayPayカードからの催促に関する相談は渋谷法務総合事務所で受け付けている
  • 渋谷法務総合事務所では借金減額シミュレーターを使って、気軽に自身の借金が減らせるか診断することができる

匿名OK!1分で減らせる借金がわかる!(※)

※公式サイトに記載
※申し込み後、渋谷法務総合事務所から電話・メールが届きます。電話での回答後、相談に進みましょう◎

 
当コンテンツの運営、執筆は司法書士法人永田町事務所が行っています。 詳細は、コンテンツ制作ポリシープライバシポリシーを参照ください。

0570005046はPayPayカードからの電話

0570005046はPayPayカードからの電話です。

PayPayカードからの電話に関する内容として以下を紹介していきます。

0570005046から電話がかかってきた理由は?

0570005046から電話がかかってきた場合、PayPayカードの返済催促である可能性が高いです。

PayPayカードは、要件によって電話番号が異なる場合があります。

また、0570005046の番号は、着信を受けた方による「支払いの督促だった」という口コミが見られます。

ただし、PayPayカードに関連する他の電話番号からも返済の催促電話がかかってくる可能性が考えられるため、注意が必要です。

0570005046からの電話を止めるための相談ができる司法書士・弁護士事務所を今すぐ見る

0570005046の発信元の業者詳細

0570005046の発信元は「PayPayカード株式会社」です。

以下の表にPayPayカード株式会社の情報をまとめています。

業者名 PayPayカード株式会社
法人番号 7290001067061
代表者 谷田智昭
所在地 〒812-8524
福岡市博多区博多駅前四丁目21番26号
事業内容 クレジットカード事業
加盟団体 包括信用購入あっせん業者
第三者型前払式支払手段発行業者
日本貸金業協会
クレジットカード番号等取扱契約締結事業者 など

0570005046は、PayPayカード株式会社の「広告用電話番号」として登録・公開されています。

このような情報は公に管理されているため、信頼感を持ちやすいと言えるでしょう。

例えば、金融庁が紹介している「登録賃金業者情報検索サービス」のトップで「0570005046」の電話番号を入力します。

それによって、PayPayカード株式会社の情報や広告用電話番号が出てきます。

実際にPayPayカードからの電話があった人の口コミ

実際にPayPayカードから電話があった人の口コミを見ていきましょう。

口コミの中で目立つのは、電話の内容が「PayPayカードの支払い催促だった」という声です。

なお、PayPayカードを持っていないにもかかわらず電話が来た人もいるため、注意が必要だと言えます。

0570005046からの電話を止めるための相談ができる司法書士・弁護士事務所を今すぐ見る

PayPayカードの関連番号一覧

PayPayカードの関連番号は以下の通りです。

返済の催促 0570-00-5046
再作成専用のダイヤル 0570-08-1815
093-330-8486
盗難や紛失の問い合わせ 093-330-8482
0120-08-8181
盗難や紛失の問い合わせ(海外から) 81(国番号)-93-330-8482
自動音声 093-330-8484
0570-09-8181
PayPayカードゴールド旅行保険デスク 018-888-9805
0120-030-802
PayPayカードゴールド保険デスク 0120-002-674
PayPayカードゴールドの緊急停止 093-330-3564
0120-081817
PayPayカードゴールドの緊急停止(海外から) 81(国番号)-93-330-3564
PayPayカードゴールドデスク(自動音声) 093-330-3563
0120-68-1817

ただし、上記の電話番号以外から着信があったり、書かれている要件と異なる内容での連絡であったりする可能性もあります。

そのため、注意が必要であると言えるでしょう。

PayPayカードに関連する電話番号だとわかったら、無視せず対応することが大切です。

0570005046からの電話を無視・放置するとどうなる?

0570005046からの電話を無視・放置すると、最終的には訴訟に発展する恐れもあります。

0570005046からの電話を無視・放置すると起こることとして以下が挙げられます。

遅延損害金を請求される

0570005046からの電話を無視・放置すると遅延損害金を請求される場合があるでしょう。

遅延損害金とは、返済日を守らなかった場合に加算される罰金のようなものです。

0570005046から着信がある時点で、PayPayカードの滞納をしている可能性が高いです。

あらかじめ取り決められた返済日を守らないことは、基本的に利用者が契約違反をしたと見なされます。

なお、PayPayカードの滞納で加算される遅延損害金は年率14.6%(※)です。

(※2024年3月時点 公式サイト記載)

したがって、PayPayカードの使用金額が200,000円(税込)で60日延滞した場合、4,800円(税込)の遅延損害金が加算されます。

遅延損害金は1日ごとに増していくため、返済が遅くなるほど支払う金額が大きくなってしまいます。

0570005046から電話があった場合は早めに折り返し、返済の相談をすることが重要です。

0570005046からの電話を止めるための相談ができる司法書士・弁護士事務所を今すぐ見る

督促状が自宅に届き滞納が家族にバレる可能性がある

また、0570005046からの電話を無視・放置すると、督促状が自宅に届き滞納が家族にバレる可能性が出てきます。

PayPayカードなどクレジットカードの滞納をしていると、債権者は返済してもらうために様々な手段で連絡を取ろうとするでしょう。

したがって、電話が繋がらない場合は自宅に督促状を送る場合が多いです。そのため、家族と同居している場合はその督促状を見られてしまうケースもあります。

例えば、0570005046からの電話を放置したまま仕事に出かけた場合、督促状が自宅へ届けられると、家族が受け取ってしまう可能性が高いです。

また、督促状を自分で受け取ったとしても、そのまま部屋に置いておくことで家族の目についてしまう場合もあるでしょう。

滞納していることを家族に秘密にしておきたい方は、PayPayカードからの着信にしっかり応じることが大切です。

加えて、電話に応じたとしても督促状が届く可能性はあるため、滞納は早めに解決することがおすすめです。

PayPayカードの利用ができなくなる

0570005046からの電話を無視・放置することで、PayPayカードの利用ができなくなる場合もあります。

0570005046から着信があった時には、既にPayPayカードを滞納し返済できていない状態である可能性が高いです。

そのため、「これ以上使用しても返済してもらえるかわからない」と判断されやすいでしょう。

滞納が改善されていない中で新たな貸付を行うことは、基本的にクレジットカード会社にとってのリスクです。

例えば、毎月25日がPayPayカードの支払日であるのにもかかわらず、払えずに延滞したケースを考えます。

この場合、返済が完了するまでPayPayカードが利用停止となってしまう可能性が高いです。

最終的にはPayPayカードが強制的に解約されるケースもあるため、注意が必要だと言えます。

0570005046からの電話を止めるための相談ができる司法書士・弁護士事務所を今すぐ見る

訴訟に発展し財産の差し押さえが行われる

訴訟に発展し財産の差し押さえが行われることも、0570005046からの電話を無視・放置すると起こり得ることの1つです。

長期間返済が行われない場合でも、クレジットカード会社が無理やり利用者の財産を持ち出すことはできません。

そのため、法的な形で滞納分を回収しようとすることがあります。財産を適切な形で差し押さえることができれば、返済を踏み倒される心配が少なくなります。

例えば、0570005046からの電話を無視し、90日以上放置していると裁判所から通告が来て訴訟に発展する可能性があります

裁判の結果、勤務先からの報酬を差し押さえられ、自由に使用できなくなる場合もあるでしょう。

法的な手段を取られる前に、電話や督促状へ誠実に対応することが重要です。

0570005046からかかってくる電話の対処法

0570005046からかかってくる電話の対処法には以下があります。

PayPayカードに問い合わせを行う

0570005046からかかってくる電話の対処法として、「PayPayカードに問い合わせを行う」ことが挙げられます。

支払いの意思を示すことで、強制解約や訴訟などに発展するリスクを減らしやすくなるでしょう。

また、問い合わせをして相談をすることで円満に返済日を延ばしてもらえる場合があります。

「いつまでなら返済できるか」を具体的に提示することにより、その日まで催促を控えてもらえる可能性があると言えます。

例えば、0570005046から着信があった場合、折り返しをして「1週間後なら返済できそうだ」という旨を伝えると良いでしょう。

ただし、返済できるあてがない中で適当な日付を提案しても解決に繋がりにくいため、注意が必要になります。

また、利用者の状況によっては話し合いに応じてもらえない場合もあるため、確認が大切です。

0570005046からの電話を止めるための相談ができる司法書士・弁護士事務所を今すぐ見る

カードローンを活用し支払いを行う

カードローンを活用し支払いを行うことも、0570005046からかかってくる電話の対処法です。

PayPayカードの滞納分を支払うことで、催促の電話が止まる可能性があります。

カードローンは特定の条件を満たせばお金を借りることができるため、返済にあてる金額を工面しやすい手段であると言えます。

例えば、消費者金融に申し込み条件を満たすことで、100,000円(税込)などまとまった金額を早く借りられる可能性があるでしょう。

ただし、PayPayカードからの催促が止まったとしても、カードローンの返済義務は発生する点に注意が必要です。

また、根本的な借金の解決には繋がらず自転車操業になる場合もあります。

したがって、返済できる見込みがないのであれば、次に紹介する「債務整理」を検討してみると良いでしょう。

債務整理で返済額を減らす

0570005046からかかってくる電話の対処法として、債務整理で返済額を減らすことも挙げられます。

債務整理とは、弁護士・司法書士に依頼して、返済日の延長や返済金額の減額を債権者と交渉してもらう手続きのことです。

債務整理をすると、PayPayカード株式会社との連絡は基本的に弁護士や司法書士が行ってくれます。

その際に、利用者への電話や督促はストップしてもらえます。また、交渉によって返済額が減ることで滞納を解決しやすくなるでしょう。

債務整理は弁護士・司法書士の知識や交渉の力によって結果が変わる場合もあるため、法律事務所選びが大切です。

ここからは、債務整理におすすめできる司法書士事務所を見ていきましょう。

0570005046の電話を止めるために借金の相談ができる弁護士・司法書士事務所

渋谷法務総合事務所

渋谷法務総合事務所出典:https://www.shibuya-houmu.com/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 20,000円(税不明)/件~
成功報酬(任意整理の場合) 公式サイトに記載なし
※ただし、減額報酬として減額された金額の10%(税不明)/件
所在地 〒150-0011
東京都渋谷区東2丁目22-14 ロゼ氷川ビル6階
対応エリア 全国
受付時間 電話:10:00~18:00(平日)
メール:24時間365日

渋谷法務総合事務所のメリット

  • 債務整理の相談料が基本的に無料である
  • 借金問題専用の相談窓口が設置されている
  • webで借金の減額診断ができる

匿名OK!1分で減らせる借金がわかる!(※)

※公式サイトに記載
※申し込み後、渋谷法務総合事務所から電話・メールが届きます。電話での回答後、相談に進みましょう◎

渋谷法務総合事務所は債務整理に強く、利用者の秘密を厳守しつつ対応してくれる司法書士事務所です。

債務整理にあたっては基本的に相談料が無料です。返済に追われて家計が苦しい時でも気軽に相談しやすいと言えます。

また、借金問題専用の相談窓口も設置されています。土日でも予約することで相談できるため、PayPayカードからの電話を少しでも早く止めたい場合でも依頼しやすいです。

そのため、悩みを伝えやすくスムーズに手続きを進めてもらえる可能性があるでしょう。

さらに、web上では簡単に借金の減額診断を行えることから、相談の前に自分の状況を知りたい方でも手軽に利用できる場合があります。

匿名OK!1分で減らせる借金がわかる!(※)

※公式サイトに記載
※申し込み後、渋谷法務総合事務所から電話・メールが届きます。電話での回答後、相談に進みましょう◎

はたの法務事務所

はたの法務事務所 出典:https://hikari-hatano.com/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 無料
成功報酬(任意整理の場合) 22,000円(税込)/件~
減額報酬として、減額された金額の11%(税込)/件
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階(東京本店)
対応エリア 全国
受付時間 電話:8:30~21:30(平日)・8:30~21:00(土日・祝日)
メール:24時間365日

はたの法務事務所のメリット

  • 債務整理に関する相談実績が20万件以上(※1)である
  • 司法書士歴が27年以上(※2)の司法書士が所属している
  • 全国で無料の出張相談を行っている

(※1,2 2024年3月時点 公式サイト記載)

相談実績20万件以上・利用者満足度95.2%!(※)

※公式サイトに記載

はたの法務事務所は債務整理に対応しており、土日・祝日にも相談受付をしている司法書士事務所です。

平日は仕事で相談ができない場合でも、休日にPayPayカードからの催促の電話を止めるための相談をしやすいと言えます。

債務整理の相談実績が20万件以上(※1)であるため、返済額の減額など結果に期待しやすいです。

また、司法書士歴が27年以上(※2)の司法書士も所属しているため、安心感を持ちつつ債務整理を進められる可能性があります。

(※1,2 2024年3月時点 公式サイト記載)

さらに、全国で無料の出張相談も行っているため、地方に居住している方でも手軽に利用できる場合があるでしょう。

相談実績20万件以上・利用者満足度95.2%!(※)

※公式サイトに記載

0570005046からの電話に身に覚えがないケースはどうする?

0570005046からの電話に身に覚えがない場合の対処法として、まず「PayPayカードに電話をかけステータスを確認する」ことが挙げられます。

また、PayPayカードを持っていない場合は「詐欺や不正利用でないかの確認をする」ことも対処法の1つです。

0570005046からの身に覚えのない着信は、PayPayカードからの誤発信・間違い電話の可能性があります。

そのため、PayPayカードに電話をして確認を行うことで、間違い電話などが発覚するケースがあるでしょう。

カードを持っていない場合、個人情報が悪用されていたりPayPayカードを名乗る詐欺であったりする可能性も考えられます。

例えば、過去に自分と同じ携帯番号でPayPayカードを契約した人が存在すると、その人に対する催促が誤って自分に届いてしまうことがあります。

確認する際は、公開されているPayPayカード関連の電話番号に折り返して要件を聞くと良いでしょう。

0570005046からの電話を止めるための相談ができる司法書士・弁護士事務所をもう一度見る

0570005046から電話が来た場合の対応の流れ

以下には、0570005046から電話が来た場合の対応の流れをまとめました。

PayPayカードの支払いを口座引き落としにしている場合は、口座の情報を知れる通帳やアプリを用意しておくとスムーズでしょう。

0570005046から電話が来た場合の対応の流れ

  1. PayPayカードの支払いが行えているか確認する
  2. 支払いができていない場合は振り込みを行う
  3. 返済できない場合は債務整理などの対策を練る

タイミングによっては、PayPayカードの支払いが済んでいても電話が来る可能性があるため、まずは支払ったかどうかの確認が大切です。

また、債務整理を検討する場合、「自身の信用情報に傷がつく」というデメリットが生じる可能性が高い点に注意が必要です。

0570005046からの電話を止めるための相談ができる司法書士・弁護士事務所をもう一度見る

この記事の監修者

加陽 麻里布

加陽 麻里布

司法書士

詳しく見る ▼

プロフィール

司法書士法人 永田町事務所代表司法書士 / 東京司法書士会理事 会社法人登記業務を中心に、SO発行設計・不動産登記・相続手続・裁判事務・債務整理など幅広く専門的な法律手続を取り扱う司法書士事務所

保有資格

司法書士

監修者の身元

https://asanagi.co.jp/

専門ジャンル

債務整理,SO発行設計,不動産登記,相続手続,裁判事務

無料の借金減額診断スタート
お問い合わせ LINE

ご相談・お問い合わせはこちらから