コラム

登記申請手続(各種)

会社の事業目的の決め方と押さえておきたいポイント

事業目的 / 定款変更 / 法人手続 / 登記申請手続(各種)
会社の事業目的の決め方と押さえておきたいポイント会社の事業目的の決め方会社を設立するにあたっては定款に事業目的を記載し、それを登記しなくてはいけません。定款に記載された事業目的以外を行うことはできないため、限定的に記載するのではなく、関連事...

【募集株式発行手続】払込期日・払込期間を経過してしまった場合の対応。募集事項の変更訂正・期日期間の延長は可能か【増資】

増資 / 手続について / 株主総会 / 法人手続 / 登記申請手続(各種)
払込期日・払込期間を経過してしまった場合の対応株式会社の資金調達方法としては、融資(借入)と募集株式の発行(増資)がございます。増資とは、会社は出資を募り出資をしてくれた会社や個人に対し、出資の対価として新たに株式を発行し当該株式を交付する...

【みなし取締役会】規定や要件など-会社法370条-書面決議【登記 添付書類など】

オンライン会議 / オンライン申請 / 取締役会 / 法人手続 / 添付書面 / 登記申請手続(各種)
みなし取締役会の要件や登記関係書類等を解説取締役会の開催について代表取締役は、3か月に1回以上職務の執行状況の報告をする必要があるため、3か月に1回以上は取締役会を開催する必要があります。(会社法363条2項)。取締役会は、開催の1週間前ま...

登記懈怠・選任懈怠による過料決定が裁判所から届いたら?どのくらい登記を放置したら過料になる?支払わない方法はあるのか。登...

基本知識 / 法人手続 / 登記申請手続(各種) / 裁判事務
登記懈怠・選任懈怠による過料決定が裁判所から届いたら?どのくらい登記を放置したら過料になる?支払わない方法はあるのか。登記懈怠による過料を解説登記事項に変更が生じた日から2週間以内に登記する義務がある会社法上、登記事項に変更が生じた場合は2...

役員解任手続の方法とリスクを解説。解任と登記簿に入ることで生じる不都合とは

役員変更 / 手続について / 法人手続 / 登記申請手続(各種)
役員解任手続の方法とリスクを解説役員解任の手続取締役は、株主総会普通決議で解任することが可能です。従業員を解雇するよりも役員を解任する方が簡単に出来ると思われがちですが、正当な理由もなく解任すると、解任された取締役は会社に損害賠償請求をする...
CONTACT PAGE TOP
お問い合わせ LINE

お気軽にお問い合わせください!