完全オンライン登記申請に対応。
リモートワーク促進をサポートします。

カテゴリー:不動産登記

不動産を購入したい。だけど、不動産を購入する手順がわからない

不動産を購入したい。だけど、不動産を購入する手順がわからない…

突然ですがこのようなお悩みありませんか?

・不動産登記は難しそうなイメージ。わかりやすく解説して欲しい…

・不動産登記をする理由は何?

・どこで登記できるのか?

・登記費用についても知りたい…

今回は、不動産を購入する予定のある方、不動産を購入したいけど何をしたら良いかわからないと言う悩みを解決していきます。

不動産を購入する場合には、不動産登記と言う大切な手続きを行う必要があり、注意点やトラブルを招く可能性もあることなので、しっかりとじっくりと理解しておきましょう!

 

不動産を購入する!不動産登記って何?登記しないとトラブルを招く?

不動産を購入する際に行う手続きとして、不動産登記があります。

これは「不動産の所有者はあなたですよ!」と言うことを法務局に記すことであり、所有者はあなたであることを主張できるようになります。

「土地や建物を購入した!これで自分のものだ!」とは言えないので注意したいです。例えば、自分よりも有利な条件で建物を購入したい!人が現れ、その建物を販売する売主が販売してしまった場合に、トラブルを招く可能性があるからです。

土地や建物などは高額なお金を使うことが多いと思いますので、後ほど起こってしまうトラブルを未然に防ぐためにも不動産登記をしっかりとしておくことをおすすめします。

 

 

どこで登記できるのか?最寄りにあるのか?

あなたの不動産であることを証明する不動産登記。こちらは、最寄りの法務局にて登記を行えます。

所有している土地を巡ってトラブルが起きても、不動産登記を行っておけば未然に防ぐことができますから、できる限り早めに最寄りの法務局にて行いましょう。

ちなみに、不動産登記を行う期間については、1ヶ月以内と規定されているので、不動産を購入する前に法務局はどこにあるのか?不動産登記を行う手順などを知っておくと焦らずに登記できるでしょう。

 

 

不動産登記の費用は?自分でやれば安いの?しかし問題がある?

あなたが所有していると証明する不動産登記ですが、やや難しいイメージありますよね。

自分でやったことがなかったり、たくさんの書類や手間がかかりそう…

不動産登記は個人で行うことも可能です。しかし、不動産関係の知識が無いと難しい手続きとも言えます。

例えば、住宅ローンを利用する場合は、個人での申請が認められないこともあり、通常では不動産を販売する会社に報酬を渡して代行してもらうことが多いです。

不動産登記にかかる費用ですが、課税標準×税率で割り出されます。住宅や土地の価値に一定の税率がかかるイメージです。条件によって変動しますが、0.4%〜2%の間くらいと覚えておきましょう。

不動産登記を代行することによって、スムーズに行ってもらえる代わりに、おおよそ5〜10万円ほどの代行報酬が必須になります。

 

 

不動産を手にしたらすぐに登記しよう!トラブルを未然に防ごう!

一番大切なことは、不動産を手にしたらすぐに不動産登記を行うことです。

もし、それを怠った場合は、あなた以外の方に権利を主張されるなどの可能性もありますし、その際にあなたが所有していると証明できないので、手間のかかるトラブルが発生してしまうこともあります。

他にも、一ヶ月間を超えて登記をしないと、10万円以下の過量を処せられる可能性もあるので、不動産を購入する前に不動産登記の流れを知っておくと、スムーズにトラブルも発生せずに取引を行えるでしょう!

 

 

 

 

監修 司法書士 加陽 麻里布/あさなぎ司法書士事務所 代表 

保有資格:司法書士 / 行政書士 / 宅地建物取引士
東京司法書士会(登録番号第7945号)
簡裁訴訟代理等関係業務認定(認定番号第1701031号)

2020年11月27日

代表プロフィール

加陽 麻里布

(カヨウ マリノ)

東京司法書士会(登録番号第7945号)
簡裁訴訟代理等関係業務認定(認定番号第1701031号)

著書

  • ・民意の黙殺 -公職選挙法を考える-
  • ・司法書士雑学集
  • ・司法書士事務所独立開業マニュアル

法人向けサービス

個人向けサービス